H I R O M I    W I L K

マヤ暦: 白い魔法使い ・ 青い夜

大天使ミカエルの祝祭日生まれ。イギリスは同ミカエルのレイライン(St.Micharl's line)上の小さな村に住む聖音のセラピスト、日本人では稀なヴォルテックスヒーリング®上級プラクティショナー、そして二児の母。

7歳 - 体と意識、物質世界に関する量子論的な気づき
13歳 - ワンネス神秘体験
14歳 - それまで見てきた不思議なことを封印し、歌うこともやめる

20歳 - 1か月かけてエジプトを縦断。それ以来、「世界を見たい」という衝動のままに毎年夏は海外で過ごし、累計12か国を旅して、富と貧、肥沃と不毛、生と死、美と醜、平和と争い、支配と従属、様々な角度から世界を見て学ぶ。

2010年、イギリスでインターン中に出会った夫と結婚。イギリス屈指の聖地が連なるセント・マイケルズ・レイライン(グラストンベリーなど大天使ミカエルにまつわる遺跡が続くライン)上に位置する小さな村に居を構え、二人の男の子に恵まれる。

第二の人生 ・内面への旅

すべてがうまくいっていた矢先、夫に異変が起きてこの社会の構造や、自分の内面を見つめ始める。 この時を綴ったブログはこちら。

出産・育児を体験しながら、アンティーク西洋磁器や美術品を扱うバイヤーとして活動を始め、書籍出版。日本で講座を開き、英国でリトリートを開催し、益々多忙になる反面、夫の件をきっかけに、現代社会を俯瞰しはじめ、どれだけ物質的に恵まれていても渇望や孤独感など、生きづらさを感じている人々が多いことを目の当たりにする。

「本当の自由や幸せとはなにか。」「私達は何者で、人はなぜ生きるのか」「この宇宙の神秘とは」・・内面の探求に深く入っていくと同時に、人々に精神の不自由をもたらすこの社会構造や、人間の個という分離したエゴから目覚めていくことに焦点を当て始める。

2019年末
一時帰国中、地元の伊勢にて星の記憶に触れる。その時から不思議な旋律のマントラがとめどなく出てくるようになり、ボイストレーニングを受け始め、音という振動の探求にも夢中になりクリスタル・シンギング・ボウルを始める。

急展開・癒しの道へ

2か月後、【星唄】を公開。たくさんのご反響をいただくも、翌朝、右耳の聴覚を完全に失う。約4か月後に完治するまでの間、右耳は人が感知できる周波数領域外のものを聴き続けるという不思議な体験をする。

(【星唄】の反響には、「何故か懐かしくて涙が出る」「急に前世を思い出し、そのおかげで原因不明の悲しみが解放された」など、不思議なエピソードのご感想を100件以上いただきました。)

聴力が戻ったころ、おそらくこの世で最も深遠な古代のヒーリング術「ヴォルテックスヒーリングⓇ Divine Energy Healing」を習得する機会が奇跡的に巡ってくる。現在進行形で英国にて定期的にその鍛錬とサイキックトレーニングに参加。

それまでの経験の意味が次々と花開くように意味を成していき、世界が澄んでいく感覚が日に日に増していく。それに伴って感覚が開き、能力に磨きがかかっていく。

この社会の中で本当の自分を見失っている方達をその方の中心へ戻すお手伝いや、その苦しみの元となっているエゴ意識から「全」へと目覚めていく方向性を導くこと、森羅万象の中に美しさを見出す審美眼や純粋な感受性へとハートを開いていくことを内面からサポートさせていただく、それらを目的に活動を始める。

ヒーリングとリーディングの開始

2020年末

個人セッションをイギリスにて開始。

「真の意味で自分のために生きることに目覚めた」「芯から癒され、長年背負ってきたものを解放できた」等というクライアント様達のお声で広がり、約1年半経った現在(2022年4月)で累計約600セッション、そのリピート率は90%を超える。

ヴォルテックスヒーリング®では、日本人で稀なJewelレベルを習得。さらに、2023年は、その先のレベルへと学びを深めていく予定。渇愛の無い「調和の世界」のために。

セッションの効果は、「お客様のお声」にて。

☘☘☘


世界に望む変化を、ココロの内から始めたら。

そうすると、目の前の世界が変わっていく。

一人ひとりが内面に調和をもたらすことで、この世界に映し出されていくものが変わっていく。


私達のココロの内から始まった変化は

やがて世界全体へと広がっていくのです。 


H I R O M I

【毎日更新インスタグラム】

セッション増枠のお知らせや最新状況も、こちらでご確認ください。
アカウント名:@her.grace.venus